カープファンの構想と妄想

変態的カープファンの「ひが」が妄想を繰り広げていくブログ。 ■自己紹介 1978年夏、6歳でカープファンになる。 同年秋、ドラフト会議で江川を見て巨人は悪やと認識する。 1979年秋、江夏の21球を見てカープは正義の味方やと勘違いする。

2020年からワンポイントリリーフが禁止へ
ってメジャーリーグの話ね。

ふう・・・脅かしやがる。

ゾッとして背筋が凍ったぜ・・・

目的は試合時間の短縮のためとか。
やっぱこれか。また出たか。

登板した投手は最低打者3人に投げないといけないことになるそうです。
このルールはもう野球とは言えないですね。

申告敬遠も大反対だけど、このルールはもっとアカン。
私は未だにDH制度にも反対してますからね。
野球は9人でやるスポーツだったはず。

時短が目的でバックネットにタイマーまで置かれちゃってマエケンもマー君もぶつくさぶつくさ言ってました。

NPBでも安易に追随してほしくありません。するんだろうなあ
時短が目的なら試合を6回で終わればいいんです。
申告敬遠、投球間隔20秒、打者3人ルールは9回を6回にすることと同レベルの暴挙だと思います。
ルールによる球数制限も反対です。

時短はテレビ局やスポンサーの意向なのか?
誰が糸引いてんだ?
オリンピックもパラリンピックも金に換えたアメリカ。
気持ちはわかるが爽やかとは言えないな。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 6. ひが
    • 2019年03月15日 16:21
    • nishikicarpさん、こんにちは。
      ストライクゾーンの改変は大いにアリですね。草野球はストライクゾーンが広いです。なぜなら試合が2時間で終わらないからです。笑
      時短をするのは賛成。だけど野球というスポーツの「間」を削ることは反対です。
      間を楽しむスポーツなんですけどね。野球は。
      時短は手段であって目的でないような気がします。
      野球が面白ければ時短でなくてもファンは増えます。
      クリケットなんて1日で終わらないそうですから。
    • 5. ひが
    • 2019年03月15日 16:15
    • カーブタカさん、こんにちは。
      私達のようなオールドファンには慣例の変革はどうしても抵抗を感じますよね。
      ただ野球を知らない今の子供たちに3時間とか4時間という長い観戦を強いるのが主催者側の課題なんでしょうね。
      娯楽が溢れるこのご時世、2時間でも長いと言われるかもしれません。
      さりとて左殺しで生き残れる選手が生き残れないのも可哀そうだし、それにタカさんがおっしゃるようにワンポイント廃止が逆に「打高&長時間」に繋がる可能性もあります。
      2死で登板した投手が打者1人を抑えてピンチを切り抜けました。次の回、その投手に打席が回れば代打は出せるのでしょうか?
    • 4. ひが
    • 2019年03月15日 16:11
    • 鯉雀さん、こんにちは。
      私にとっては暴論ですね。笑
      でもいろんなご意見があって当然です。私もここで議論はしません。
      ファールで粘るのも技術ですし、さりとてあからさまに前に打たないのも爽やかではないです。
      結局「ルールで縛る」ことが問題だと思うんですよ。松井秀喜の5打席敬遠だってルール違反ではないですよね。
      時短にも賛成ですが、申告敬遠とかピッチャー交代の制限の他にもっとあるだろと言いたいのです。そのうち盗塁禁止とか、HRの後のベース一周禁止とかになったら笑えませんよ。
    • 3. nishikicarp
    • 2019年03月15日 12:45
    • 鯉雀さんの意見に賛成です。
      時短は見ている立場ではどうでも良いですが、ファール狙いのバッティングはいかがなものかと思います。最近の選手の成績を見ても昔とはバランスが違います。投手の防御率は2点は結構いましたし、打率なんかは2割8分、9分で良い方でした。大味な試合ほど時間が掛かりますし、もう少し投手有利にしても良いと思います。1点をどう取るかという試合であれば緊張感があって飽きませんし時間も早くなります。ファール制限と多少のストライクゾーンの拡大で良いと思います。
    • 2. カーブタカ
    • 2019年03月15日 11:40
    • ワンポイント禁止が検討されていた事は知っていましたが、採用されるとは。近年のルール改正は時間短縮のために、野球の本質を見失っているようで失望します。
      おそらく数年後には日本でも採用されるでしょう。ろくに議論もせず、大リーグに右にならえですから、、、

      一方では、ファンを楽しませる(点が入りやすくする)為、マウンドを低くしたり投本間の距離を長くしたり、ということも検討されているらしいです。
      本当に時間短縮したいなら、ストライクゾーンを広げる等投手有利にルール改正すれば済む話。
      時間短縮が大事かファンが楽しむのが大事か?分かっていないんだろうなぁ。ファンは楽しめる試合ならば、時間が長くても決して不満は言わないと思いますが。
      テレビを始めとする放送媒体の圧力があるように感じてなりません。

      選手やファンがかわいそう。
    • 1. 鯉雀
    • 2019年03月15日 08:53
    • 試合時間の短縮については必要性を痛感している、せめて試合が3時間内に入るようにしたいものである、延長戦のタイブレーク方式の導入とか、その他、最大の元凶はフアゥルボールを無制限に認めていることである、ツーストライクから打者はいくらフアゥルを打ってもアウトにならない、そのため試合が前に進まなくてイライラすることが多々ある、私案であるがツーストライクからのフアゥルは3回で打者アウトにしたらどうですかね、暴論ですかね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット